ローヤルゼリーの匂い

ローヤルゼリーは、蜂が作った成分として認識している人は多いでしょう。
蜂が作った成分としてまっ先に思い浮かぶのが、はちみつです。
はちみつは小さな子供から大人までが好んで食べられている食品です。

日本でも煮物などに甘味料として使用されたり、パンケーキにかけて食べるなどいろんな方法で摂取されています。
なので日本人にはとても身近な食材の一つといえます。
おなじ働き蜂が作る成分だからローヤルゼリーも同じくおいしく摂取できるんではと思っている人もいます。
しかし、はちみつとローヤルゼリーには成分内容が大きく異なります。

蜂蜜の場合、約8割が糖分でできているのが特徴です。
なので甘味料としていろんな食材に使用されています。
糖分が多い分、有効成分が含まれている量は少なくなります。

それに対してローヤルゼリーには、20種類以上のアミノ酸やビタミン、ミネラル、たんぱく質など多くの栄養素が含まれています
そのため、糖分量が少なく豊富な栄養素によって、ローヤルゼリー独特のにおいや酸味があるのが特徴です。
人によってはくせを強く感じる人も多く、苦手だと感じる人も多いです。

なかでも独特の匂いを感じやすいのが、生ローヤルゼリーです。
生ローヤルゼリーは、蜂の巣から有効成分を抽出してそのまま保管されたものです。
加熱処理をしていないため、有効成分が壊されることなくそのまま摂取することができます。
最も効果が得られる方法ですが、独特の匂いも残ったままになります。

ローヤルゼリーの有効成分は魅力に感じても、匂いがネックで毎日摂取するのが苦痛に感じる人もいるでしょう。
そんな人にはソフトカプセルなどのサプリメントがお勧めです。
独特な匂いも感じられないように作られていて、飲みやすく毎日摂取することができます。

ローヤルゼリーの効果を得るためには、毎日摂取し続けることが重要です。
より栄養素を求めて生で摂取するのか、毎日摂取しやすいものを選ぶかは、好みやライフスタイルに合うものを選ぶといいでしょう。