不妊治療中のローヤルゼリー

今少子化が問題視されている中で、深刻な問題として不妊の問題があります。
一人目の子供が授からない人もいれば、二人目で不妊症になってしまう人もいます。
不妊症の原因は人によって異なります。
なかなか対策が難しい場合もあれば、体質改善をしたり、繁殖機能を高めてあげることで妊娠しやすくなる人もいます。

結婚して避妊をしなければすぐに子供ができると思っている人も多いですが、実際には7組のカップルに1組が不妊に悩んでいます。
結婚して1年から2年の間で授からなかった場合は、不妊治療を視野に入れたほうがいいといわれています。
不妊治療の場合男性よりも女性の方が体や精神的な苦痛が多く、さらに自費で治療を行うため経済的にも精神的にも挫折してしまう可能性が高いです。
そこで無理することなく毎日の食生活で取り入れられて、不妊にも効果が期待できる有効成分があります。
それがローヤルゼリーの成分です。

ローヤルゼリーは女王蜂食べが食べることを許された成分です。
ローヤルゼリーだけを食べた育った女王蜂は体長も大きく、寿命は働き蜂に比べると30倍近く長生きします。
さらに繁殖期になると一日に3000個の卵を毎日うみ続けます。
繁殖機能があるのは女王蜂だけなので、あれだけ多くの働き蜂は女王蜂一人で産んでいることになります。
それだけ多くのパワーと作り出しているローヤルゼリーの栄養素はとても魅力的だといえます。

ローヤルゼリーはなぜ不妊症に効果的なのでしょうか。
実は昔から不妊治療の薬としてローヤルゼリーが使用されてきた歴史があります。
それは、不妊の一つの理由としてあげられる冷え症の改善に効果があります。
ローヤルゼリーには血行を良くする働きがあり、体の末端にまで血液を送り込むことができ冷え性を改善することができます。
さらに自律神経を整える働きhttp://rote-rose.jp/nerve.htmlがあるため、性力や体温調節などにいい影響を与えてくれます。
特に高齢の女性の場合は妊娠する確率がより低くなるため、普段からの生活習慣の改善を行うと妊娠しやすい体へと変化していきます。