ローヤルゼリーと癌

がんは今現代人の4人に1人がなる、とても身近な病気になっています。
さらにガンは初期の状態で発見された場合、治療法の選択肢も多く完治しやすいという特徴があります。
しかし初期症状が少ないため、体の異変に気が付き病院を訪れた場合、かなり進行した状態になってしまっています。
がん細胞は増殖スピードが速く、がん細胞が血流に乗って移動して他の臓器に転移しやすいのも特徴です。
そのためがん細胞の増殖をいかに抑制して、がんの進行を抑えたり予防をするということが大事になります。

そんな効果がある成分として知られているのがローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは蜂が作り出す有効成分の一つです。
アミノ酸やビタミン、ミネラル、デセン酸といったいろんな栄養素を含んでいて、総合栄養食といわれています。

このローヤルゼリーががんにどのような影響を与えるのでしょうか。
まずローヤルゼリーでしか接種できない成分として、デセン酸があります。

このデセン酸を摂取したマウスの体内で、がん細胞が抑制されたことが実験で実証されています。
まだ人間での実証はされていませんが、がん細胞の増加に歯止めをかける効果があることは確かです。

がん細胞は一度発生すると、周りの細胞を破壊しどんどん増殖をして転移していきます。
なのでがん細胞の増殖を抑えることは、病気の対策として最も重要なことです。

実際がんになると放射線や抗がん剤などによって、がん細胞を攻撃したり防ぐために行われます。
しかし健康な細胞の損傷も受けてしまうため、副作用がどうしても出てしまいます。
ローヤルゼリーは天然成分でできているため、アレルギー体質でなければ副作用を感じることなく摂取できます
体への負担も少なくて安全性も高いといえます。

またがんになってしまうときは、体の免疫力が低下してしまっている場合が多いです。
免疫力が低下しているからこそ、細胞の劣化や有害物質への攻撃力も低下しています。

デセン酸には天然の抗生物質と呼ばれるほど、強い抗菌作用があります。
なので免疫力を高め、がんによる合併症のリスクも抑えられます。